*編集の流れ [#w7922b42]
#contents
----
例として「でって」を新たに作るものとして説明します

「でって、めんどくせ」と思わないようお願いします。
**索引に言葉の見出しをつける。 [#ge684bdf]

-indexに追加する。

+左メニューの[[indexの編集>index]]を開く。
+「でって」の頭文字は「で」なので、
&edit(index/た,noicon){たーと 編集};を開く。
+「-て」下に'--[[でって>方言/でって]]&br;'と記述します。
&br;注意として「>方言/」を入れる様にしてください。&br;これは、[[一覧>方言]]で表示されるようにするためです。
+「て」に他の言葉がある場合は、50音の並びでふさわしいところに記述してください。
+画面下の「ページの更新」をクリックする。&br;これで、編集した結果が反映されます。
+「て」の見出しの下に「でって?」が表示されます。&br;最後の'?'は、まだ、その言葉の意味、用法が書かれていないことを表してます。


**意味、用法を書く。 [#g1aaff36]
-「でって」のページを開く
+indexにある「でって?」をクリックする。
&br;「方言/でって」を名前として、新規のページが開かれます。
+リストボックス「--雛形のページ--」を「_テンプレート」を選択します。
+「読込」ボタンをクリックします。
&br;記述する際の雛形を読み取るためです。
-「でって」様にページを編集する
-「でって」用にページを編集する
+雛形の「言葉」の部分を「でって」に変更します。
+意味には、先頭に'>>'を付けて記述します。
+用法には、'|'で区切って方言での言い方、標準語で言い方、その他なにかを記述します。
+備考には、なにか思い入れ、思い出などを行頭に'>>'を付けて記述します。
+画面下の「ページの更新」をクリックします。&br;これで、編集した結果が反映されます。

**見直して修正する。 [#e3c02ab0]
-「でって」を修正
+indexにある「でって」をクリックする。
&br;「でって」の内容が開かれます。
+画面左上の「編集」をクリックする。
&br;「でって」の内容が開かれます。
+適当に修正します。
+画面下の「ページの更新」をクリックします。&br;これで、編集した結果が反映されます。

**その他 [#u90607f9]
+他の文献(書籍、ホームページなど)からそのまま引用することはやめてください。
&br;参考にし、自分の言葉で書いてください。
+編集したが、見栄えがおかしくなってしまった場合
&br;そのままにしておいてください。
&br;管理人が適当なタイミングで修正します。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS